茶番

「ああ、その時は抱きしめてあげればいいですよ」
先日の彼女の様子を彼に伝えて、返ってきた一言目がそれだった。続けて、「僕はいつもそうしています。それがてっとり早いですよ」とも。 
 
 
私は今抱きしめられている。親でもなく、友人でもなく、恋人でもない、ただの研究室の先輩に。それは酷く暖かく、絶望的なほどに優しかった。
「涙は流れているうちに流してしまえばいい。次はいつ来てくれるかわからないからね。今のうちだよ」そう言いながら私を抱き直したその人の手は、とても冷たかった。私は涙を流しがら少し窓の外を見遣り、「今日は特別寒い日だな」と思った。そうすると彼は少し笑いながら、冷え性なんだ、女の子みたいだろうと言った。君の考えることは、なんとなくだいたいわかるよ、と曖昧なことも呟いた。
それが、私が急に泣きだしたことに対してだったのか、冷たい手だと思ったことに対してだったのか今となってはもうわからないけれど、あの腕の中だけが私のなかで、私の知るなかで一番優しかったことは覚えている。
暫くの間沈黙があった。シンパシー。二人ともその場は動かなかった。
耐えきれず私は鼻で笑ってしまい「ありきたり過ぎて恋にもなんないですよ」と言うと、彼はそれもそうだな、と寂しそうに微笑んだ。
広告を非表示にする