読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作業

ひとつこなす度に、終わる度に、深い息を吐く。ひとつ終わると楽になる、幸せになる。

 

「小説や漫画じゃこの辺のいいタイミングで救世主のような人が現れる。でも私には現れない、ここは現実であって紙の上じゃない。13のときにそう学んだ」そう彼女は言った。親族の葬儀を終えた彼女と久しぶりに食事に行ったときのことだった。親戚が多く、祖父母も人より多く持ち、彼女にとっての冠婚葬祭はそのほとんどが“葬”だった。でもこれでやっと終わった。もう暫く葬儀はないと思う、誰かが事故でも起こさない限り。そう言いながら彼女は、微笑む。私はその横顔が存外好きだった。

そのうちいい人が現れるよ、そんな気がする。あなたはきっと何らかの形で救われる。と心の中だけでつぶやく。なんとなく声には出せなかったけれど。

帰り際に彼女が、風に消されるような声でポツリと呟いた。私は自分のことを可哀想がったりしないし、感情の皺寄せを他人に投げて寄こしたりしない。とてもゾッとしたような気がするのに、今となってはその時の彼女の表情を、よく思い出せない。