読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏至

こういうことを、私はきっと忘れないんだろうと思った。

煙を吐きながらいろいろなことが頭を過る。ボーっとしていながら様々なことが巡っている。「アブストぐらい読めよって思う」「金曜日12時半に上の研究室」「これどうやるの」「トナー注文してもいいですか」「また飲みに行こう」エトセトラ、エトセトラ……。脳に取り込まれて、取り込まれ過ぎて整理できないものの中からいらないものを吐き出しているようだと思った。

最近覚えてしまった煙草だけれど、それが習慣になるのには多くの時間を要しなかった。今では日中に2、3回は席を立ってしまう。突如として襲ってくるイライラを、表面に出ないくらいに落ち着かせるためにはいい息抜きになっていた。この習慣について友人から手厳しく批判されることはあったものの、それと私の習慣とは何の関係もないと思っていた。

誰もいない喫煙所。安っぽいプラスチックで仕切られた1畳とちょっとのスペース。灰が溜まっている3つの灰皿。ゴミの入っていないゴミ箱。機械排気の音。足元を這う蟻。建物の西側に位置するそこ。

無造作に置かれた椅子から立ち上がって、日が長くなったなと思う。それでも暮れていく西の空を眺めながら、こういうことを、私はきっと忘れないんだろうと思う。